キャラ評価

【グラブル】Rビカラなど実戦で使える優秀なRキャラを紹介!

 

どうもHAHUです。

今回は、Rキャラの中でも性能が高く、比較的使用頻度も高いRキャラを紹介していきたいと思います。

以前紹介したSRキャラとは異なり、Rキャラは実戦で強力とまで言えないのが正直なところですが、今後使い道が出来るかもしれないので情報として知っておいても損はないかと思います。

 

属性無し

2アビの攻防ダウンの効果量は何と30%と破格の性能。奥義の味方全体HP回復も効果量こそ低いものの優秀なため、デバッファー兼ヒーラーとして活躍できるだけの性能を秘めた強力なキャラ。

サポートアビリティの味方全体防御UPも貴重なため、強敵との戦いでも役割を持てるためR屈指の強キャラと言えるだろう。

 

火属性

ダーント

 

2アビにより自分に氷刃効果を付与して戦う素殴りタイプのアタッカー。
氷刃効果の適用時は毎ターン自傷ダメージを受けるものの、DA率が上昇するためRキャラの中では高いターンダメージが期待できる。

 

バロワ

2アビによる最大1000倍の倍率になるダメージアビリティが魅力のキャラ。
最大ダメージが出ることは滅多にないが、ロマン砲としての魅力は十二分に持っていると言えるだろう。

 

水属性

カイラナ

1アビにより自分に30%の追撃効果を乗せつつ、2アビで属性防御デバフも入れることが出来る非常に優秀なアタッカー。

2アビのデバフ量は15%と少し物足りないところはあるものの、優秀なアビリティ構成であることは間違いないため、キャラが揃っていない間はSRキャラを差し置いて編成に入ってくるだろう

 

ランドル

1アビで奥義ダメージと奥義上限を、2アビで奥義ゲージを伸ばして戦う奥義タイプのアタッカー。

奥義が強力な水属性と噛み合っているキャラなため、レアリティ制限のあるようなクエストでは多いに活躍出来るだろう。

 

 

 

土属性

バルルガン

敵OD時に一回だけダメージが大幅にUPする「反骨」効果を付与するアビリティを持つRでは珍しいアタッカー。

 

風属性

スピナー

1アビによるターン進行時に2回行動が強力なキャラクター。
この効果は奥義によって延長が可能なため、ほぼ常時二回攻撃が可能となり、RキャラどころかSRキャラを凌ぐほどのダメージを出すことも可能となっている。

しかしサポアビにより与ダメージが0.6倍にまで下がっているため、SSRキャラを差し置いて活躍させようと考えると装備をかなり整える必要が出てくる点には注意が必要だろう。

 

光属性

ヴェリトール

二つの自属性追撃を付与するアビリティを持つ、素殴り特化型のアタッカー。

追撃効果は二つとも共存するため、Rキャラの中では屈指のターンダメージを期待できるが、Rキャラゆえのステータスの低さから最大限の性能を引き出すためにはある程度装備を整える必要があるのは玉に瑕。

 

闇属性

ビカラ

2020年の年末イベントで追加された初の十二神将のR版。

アビリティは可愛いだけで効果なし、攻撃行動も行わないという超特殊な陰キャキャラ。

その本体とも言えるのがサポアビで、「ひとりぼっりの休日」はメインメンバーに編成するだけで奥義ダメ50%UP/奥義上限10%UPという破格の性能

本人が攻撃しない特性から、奥義周回パーティではチェイン数の削減が見込めるため、周回の効率化が図れる非常に優秀なキャラ。

 

ルナール

1アビで直前に使用した味方のアビリティをコピー出来る貴重なキャラクター。

SSRのルナールであれば確率ではなく確定でコピーできるが、こちらはレアリティが低く入手しやすいためグラウンドゼロやインテンスバレットのコピーでお世話になる人も多いだろう。

 

-キャラ評価
-

© 2021 今日も一日ゲーム日和