【UNDERTALE】エンディングの種類と分岐条件まとめ【アンダーテイル攻略】

更新日:




ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

66人の購読者に加わりましょう

 

どうもHAHUです。

前回に引き続き、アンダーテイルの記事になります。

今回はエンディグの分岐と、その条件について書いていきます。例によって、ネタバレモリモリとなっているので、未プレイの方はお気を付けください。初見プレイがとにかく面白いゲームなので、未プレイの方はここで引き返すことをおススメします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、それではエンディングの種類とその条件についてまとめて行きたいと思います。

 

 

 

 

エンディグの種類と概要

エンディングの種類はNルートPルートGルートの3種類です。それぞれの正式名称と大まかな分岐条件は、

  • Nルート:Neutral(中立)ルート
  • Pルート:True Pacifist(真の平和主義者)ルート
  • Gルート:Genocide(殺戮)

全てのモンスターを殺さず生存させるとPルート、全てのモンスターを殺しつくすとGルート、上記2ルートから外れるとNルートになります。

 

ルートの分岐条件

三つのルートの細かい分岐条件について見て行きましょう。

 

Nルート

Pルート、Gルートともに達成できなかった場合このエンドになります。また、このルートには倒したモンスター・ボスの数や種類、こうどう等にエンディングの内容が変化します。そのパターンはかなり多い(役10通り)ので、ここでは書きません。

 

Pルート

全てのモンスターを倒さないことが条件になります。

パピルス、アンダイン、アルフィーとデートを行った後に真の研究所に行くことが出来るようになり、ここに行くことでルートが確定します。

ただし、アルフィーとデートをするための条件に二周目以降であることというものがあるので、必然的にこのルートは二周目以降でないと見れません。

 

Gルート

殺戮エンド。ニューホームに着くまで、全ての戦闘によるモンスターを殺害し尽くすことが条件です。

このルートに入るための具体的な殺害数が設定されており、

  1. いせきで、「しかし誰も来なかった」の文字が表示されるまで、敵モンスターを倒す。
  2. 各エリアでボスと戦う前に、一定以上のモンスターを倒す。(いせき21回、スノーフル16回、ウォーターフェル18回、ホットランド40回)

これらを達成してからボスを倒すことでGルートに入ることが出来ます。

 

まとめ

以上、アンダーテイルのエンディングをまとめて行きました。このゲームのエンディングは非常に良く練られているので、是非すべてのエンディングを回収してみてください!

 

ではでは。

 

 







-UNDERTALE

Copyright© 今日も一日ゲーム日和 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.