デッキ

【シャドバ】グラマス10連勝!ニュートラルに勝てる超越ウィッチの紹介【ワンダーランド・ドリームズ 】

 

どうもHAHUです。

WLD環境ももうそろそろ終わりが近づいてきましたが、自分の中で今環境で戦える超越ウィッチが仕上がったのでまとめておきたいと思います。環境に存在するニュートラル系のデッキと戦うことが出来て、10連勝することも出来た自信のある構築です。

各カードの採用理由までしっかり書いてあるので、是非参考にしてください。

 

 

デッキ紹介

 

まずはデッキリストから見て行きましょう。

デッキリストは以下の通りです。

 

 

 

キマイラ、光の道筋をそれぞれ3枚ずつ採用しているのが特徴でしょうか。最近よく見るゴーレムアサルトも採用はしていますが、枚数は1枚に留めてあります。キマイラが増えている分フレイムデストロイヤーの枚数が減っています。

続けて各カードの採用理由を説明して行こうと思います。超越は中身が1枚違うだけで全然違うデッキになることも多々あるデッキなので、採用枚数までしっかり説明して行きます。

 

 

各カードの採用理由

 

  • キマイラ(3枚)

ニュートラル系に代表される、ミッドレンジ系のデッキに対して滅法強いカード。このカードを絡めるだけで簡単に3面処理が出来ます。Nロイヤルや獅子ビショップ、Nウィッチなどに対して中盤での処理で極めて強力なカード。このカードを握れているだけでNデッキを含むミッドレンジ相手の試合がかなり楽になるので3投。こちらはおまけですが、ドラゴンの水巫女の処理にも使えます。

 

  • 光の道筋(3枚)

キマイラを採用するなら必須だと思います。今までの超越では事故防止のドローソースという意味合いから1枚採用されることが多かったカードですが、この構築ではスペルブーストを進めながら必要なカードを掘りに行けるという点から三投。中盤にこのカードでデッキを掘りながら虹やウイブラと絡めて盤面を複数処理出来るのが優秀です。

一枚~三枚全部試しましたが、このカードの枚数が一枚変わるだけでデッキを掘れる枚数が最低でも数枚は変わり、事故率も全然違ったので最終的には三枚になりました。

一般的な超越では、特別な理由が無い限りゴーレムアサルトより優先されるべきカードだと思っています。

 

  • ゴーレムアサルト(1枚)

1枚で二回スペルブーストしながら守護を貼れるカード。フィニッシャーとしての打点や、ドラゴンの疾走を止められる点を評価して1枚採用。弱くはないカードなので複数採用するのもいいが、この構築ではこのカードに使う2コストで光の道筋を打ってデッキを掘る方が強い場面も多く、ハンドで複数被ると弱いため一枚に抑えた。

 

  • 刃の魔術師(1枚)

レヴィや二枚目のゴーレムアサルト、4枚目の光の道筋としての鏡の世界、二枚目の炎の握撃などのカードと色々迷った枠。ある意味自由枠とも言えます。それらのカードを差し置いて採用した理由としては、

  • 中盤に道筋等でスぺブしつつデッキを掘りながら投げて盤面を処理できる。(4枚目のキマイラに近い役割。レヴィだと必ずPPが2か3必要になるためこの役割は果たせない)
  • リーサル要因(超越と合わせると4点出せる。フレデスが1枚しか無いので打点が不足するパターンが多い)

というのが主です。スぺブでコストが下がり進化権を切らずに盤面を処理しつつリーサルにも貢献できるのが理由になりますね。

 

まとめ

 

デッキ紹介は以上になります。

N系統相手にしっかり戦いながら、最近数の増えてきたネフティス相手に有利を取れるデッキになっているので使ってみてください。

 

ではでは。

-デッキ
-

© 2021 今日も一日ゲーム日和