デッキ

【シャドバ】グランドマスター昇格!使用したデッキまとめ。超越ウィッチは今こそ強い!?【WLD 】

 

どうもHAHUです。

空き時間を利用して、コツコツとランクマッチをこなし続けて何とかグラマスになることが出来ました!

今月は忙しかったこともあり、余りランクマッチに潜れなかったので、何とか月末に間に合ってくれてよかったです。

 

 

今回は、グラマスになるまでに主に使っていたデッキを纏めておきたいと思います。どれもランクマッチで勝てる構築だと自負しているので、気が向いた方は是非使ってみてください!

 

 

目次

 

・土ウィッチ

・ニュートラルウィッチ

・ミッドレンジネクロ

・超越ウィッチ

 

土ウィッチ

 

 

まずは土ウィッチです!こちらは以前紹介したものから少し形を変えたものになります。序盤、中盤は奇術師、研究者で盤面を作り、中盤以降はレヴィやオズなどでフィニッシュを目指す構築になっています。

「死の舞踏」も一時はレシピから抜いていたのですが、ドラゴンが環境に増えてきたため再び採用する運びとなりました。より詳しいデッキガイドは以下の記事に書いてあるので、是非参考にしてみてください。

 

【シャドバ】マスターランクで11連勝!ヴァンパイアに有利な「土アグロウィッチ」のデッキ紹介【ワンダーランド・ドリームズ 】

 

ニュートラルウィッチ

 

 

続けて最近はやりのニュートラルウィッチです。こちらも前回紹介したものと少しだけ形が変わっています。スイーツウィッチとオズでハンドが減りにくいことを利用して、強力な効果を持つヘクトルを採用しました。

スイーツウィッチ、オズなどでハンドを切らすことなく攻め続けられるニュートラル構築となっています。盤面を取りながら進化時疾走の効果で顔を詰めれるプリスも非常に強力なカードです。スペルの枚数が少ないので、オズはドローソースとして先攻5ターン目にも使いやすいのも特徴となっています。

より詳細なデッキガイドは以下を参照にしてみてください。

【シャドバ】マスターランク7連勝!~オズの大魔女が大活躍!~ニュートラルウィッチのデッキ紹介【ワンダーランド・ドリームズ 】

 

 

ミッドレンジネクロ

 

 

続けてミッドレンジネクロです。今流行りの「ウルズ」、「ネクロアサシン」を採用したラスワネクロとは違い、前環境のネクロの構築に少し近いものとなっています。

今環境で追加された「デーモンイーター」などで墓地を貯めながらデッキを掘り、ヘクターと不死の大王の二大フィニッシャーを連打して勝つのが基本的なプランになります。序盤・中盤もリリエルとコンジュラーの「リリコン」コンボや、ボーンキマイラ、破魂の少女などで盤面を取ることが出来るデッキです。

ウルズやネクロアサシンがあまり信用できない方は是非使ってみてください。めちゃくちゃ強いです。

 

超越ウィッチ

 

 

 

最後は超越ウィッチ。二つのデッキを適当に使い分けていました。

上は昏き対策で「冬の女王の気まぐれ」を採用した型、下はその枠をウインドブラストに替えた型です。「キマイラ」と「光の道筋」の違いは、ウイブラを増やしたことでマーリンが超越を持ってきてくれないパターンが増えたため、よりデッキを掘れるように道筋を追加したためです。

今期では、ウインドブラスト・虹の輝きと合わせて2ターン目のトーブや2/2/2ニュートラルと3ターン目のゴブリンリーダーの両方を確実に処理しないといけなかったため、魔女の雷撃を採用。他の3コスト除去は選択肢にも入らないと思っています。レヴィとゴーレムそれぞれ3投の理由は、雷撃と合わせて5ターン目にデッキを掘りながら2面処理出来るからです。雷撃を積むと、2コストフォロワーを増やさないと余りにも雷撃が弱い場面が多かったです。

ヴァンパイアが圧倒的に多かったときは上のレシピを、他の相手が多かったときは下のレシピを使っていました。当然ですが、下のレシピの方が強いです。今期は、

 

・ネクロが骨もリーパーもハウルも使ってこない

・ビショップがマイニュを出してこない

・ヴァンプが死霊もブラットウルフも出してこない

・どうやっても勝てないOTKエルフが半分絶滅状態

・不利なロイヤルも少ない

 

と、実は超越ウィッチにとっては追い風が強かったので使い得な環境でした。ナーフ後はエルフが増える可能性があるので何とも言えません。

 

まとめ

 

そんなわけで、グラマスになるまでに主に使っていたレシピの紹介でした。個人的なイチオシは超越とミッドネクロです良かったら使ってやってください。

 

ではでは。

 

 

-デッキ

© 2021 今日も一日ゲーム日和