デッキ

【シャドバ】マスターランク7連勝!~オズの大魔女が大活躍!~ニュートラルウィッチのデッキ紹介【ワンダーランド・ドリームズ 】

 

どうもHAHUです。

この前ヴァンパイアに勝てる土アグロを紹介したばかりですが、また新しいデッキを紹介します。

今回紹介するのはニュートラルウィッチです。前回の土アグロは、盤面の制圧の主軸となる「幻惑の奇術師」が消滅に弱いため、ビショップに弱いという欠点がありましたが、こちらのレシピはニュートラルを軸に据えることでビショップとの相性がかなり改善されたデッキとなっています。

 

ニュートラルウィッチは他のニュートラル軸のリーダーと異なり、「スイーツウィッチ」と「オズの大魔女」によりハンド補充が簡単に出来るため息切れを起こすことがほぼ無く、強力なスペルである「変異の雷撃」や「死の舞踏」を無理なく積めるため、長期戦でも戦えるデッキとなっています。当然ニュートラル特有の上振れ時のパワーの高さも持っているため、デッキパワーも高いです。

 

ヴァンパイアやビショップはもちろん、環境に存在するほぼすべてのデッキに対して戦えるデッキとなっているためイチオシのデッキです!

 

 

それでは早速デッキレシピを見て行きましょう!

 

デッキレシピ

 

 

デッキレシピです。「スイーツウィッチ」の効果の特性上、ニュートラルのカードの枚数を多くする必要があります。このレシピではニュートラルのカードが25枚となっていますが、これよりニュートラルの枚数を減らすのはおススメしません。

WLD環境での新しいデッキタイプですので、まず各カードの採用理由についてまとめておきます。

 

各カードの採用理由(ウィッチ編)

 

レヴィ:三枚

2/2/2のフォロワー。1回でも進化を切れればよく、ニュートラルが主体のため2枚に減らしたいのだが、後攻4Tで確実に2面処理を決めれる貴重なカードなため中々減らせない。

スイーツウィッチ:三枚

構築を絞っているので、ほとんどの場合でファンファーレ1ドロー出来る2/2/2。ぶっ壊れ。ニュートラルウィッチを組む利点その1。

オズの大魔女:三枚

1コスフォロワーが6枚あることから分かるように、かなりアグロに寄せているこの構築では先攻5ターン目にハンドが枯れかけていることも多く、このデッキでは単純に自分だけ手札を5枚まで増やせる5コストフォロワーとして活躍できる。スペルも7枚まで絞っているため、5Tに置いた際のデメリットも最小限に抑えられている。当然6T以降においてスペルと同時に打つのも強く、ハンド補充からフィニッシャーまで担えてしまうヤバいカード。ドロシーと違い、ハンドで被っても気にせず連打できるのも強みの一つ。ニュートラルウィッチを組む利点その2。

ルナルの魔女・プリス:二枚

7T以降で手軽に4点出せるフィニッシャー。また、この構築では軽いコストの小回りの利く除去がほとんどなく、5Tに出して処理に回しても十分に仕事をする。3枚積みたかったが、複数被ると弱く、ウィッチのカードの枚数を抑えるうえで抜けて行ってカード。レヴィ2枚プリス3枚を試してみてもいいかもしれない。ニュートラルウィッチを組む利点その3

ルーンの貫き:二枚

小回りの利く除去をしながら2点顔を詰めれるカード。オズから引いてきてフィニッシュカードになることもある。

変異の雷撃:二枚

フィニッシャー権ビューティー&ビーストと、昏きに対する数少ない解答になるカード。6PPで打つオズ+雷撃は強力。ニュートラルウィッチを組む利点その4

 

各カードの採用理由(ニュートラル編(一部のみ))

 

ワイズワーマン:三枚

1コストを増やすとハンドが枯れやすくなるのだが、スイーツとオズのおかげでハンドは補充できるので無理なく採用出来る。また、低コストの除去がないため、序盤の盤面争いでこのカードのバフを使ってフォロワーを処理する役割もある。

御言葉の天使:三枚

低コストの除去がないので盤面争いに強いこのカードを採用。これがないとニュートラルミラーで推し負ける。

エンジェルナイト:一枚

四枚目の御言葉。御言葉の方が使い勝手が良かったのでこの枚数になった。

 

立ち回り

 

立ち回りですが、特に難しいことは無いです。基本は他のクラスのニュートラルのように戦い、スイーツウィッチやオズでハンドを補充しながらリーサルを狙います。他のニュートラル軸のデッキと違い、ハンドを補充する力はずば抜けているため、序盤で圧倒されることが無ければ大抵のデッキと戦うことが出来ます。ハンドが切れず、終盤でもリーサルを見据えて動けるアグロデッキと言えます。

 

まとめ

 

今回はニュートラルウィッチの構築を紹介しました。序盤からリーサルまで攻め手が途切れることが少なく、たいていのデッキ相手に立ち回れる楽しいデッキですので是非使ってみてください、強いですよ!

 

ではでは

-デッキ

© 2021 今日も一日ゲーム日和