デッキ

【シャドバ】ローテ連勝多数の高勝率!新カード採用のドロシーウィッチの紹介【クロノジェネシス/時空転生】

 

どうもHAHUです。

クロノジェネシス/時空転生環境が始まって間もないですが、7、8連勝を繰り返すことの出来たかなり好感触のドロシーウィッチのデッキが組めたので紹介することにしました。

クロノジェネシス/時空転生で追加された新カードを二種類採用しました。相変わらず回していて楽しいデッキとなっています。

さてそれでは見て行きましょう。フォーマットはローテーションなのでご注意ください。

 

目次

 

 

 

デッキレシピ

 

 

デッキレシピです。新カードからは、「マナリアの知識」、「連鎖する雷」の二枚を採用しました。続けて各カードの採用理由を書いていきます。

 

各カードの採用理由

 

  • ドロシー、ゲイザー、刃の魔術師、キマイラ:3枚
  • 知恵の光、マジックミサイル、ルーンの貫き:3枚

特に説明することのない枠です。キマイラは多いと感じるなら枚数を減らしても問題ありません。ルーンは打点が足りなくなることが多いので減らさない方が良いです。

  • マナリアの知識:3枚

新カードその1。ゴーレムアサルトのように2コストスペルを加えますが、こちらはこのカード自体が1コストのためPPを上手く使い切りやすいのがポイント。ドロシーの場合明らかにエンジェルスナイプよりも強く、入れない理由がないため3投。当たりは当然「マナリアの魔弾」。

  • 連鎖する雷:2枚

新カードその2。条件付きではあるが、使いまわせるデモンストライクのようなカード。「運命の導き」がスタン落ちしてしまったことから、ドロシーが引けなかったり連鎖しなかった際の息切れが増えてしまったが、それを解消してくれる神カード。被ると弱いが、1試合で1枚は引いておきたいカードでもあり、ドロシーで流すことも考えて二枚採用。ここは減らさずに試してみてください

  • サモンスノー:2枚 ゴーレムの錬成:3枚

スタン落ちの影響でAoEが少なくなり、サモンスノーが使いやすくなったため採用。その影響でゴーレムの錬成も3投しています。

  • クレイグ:2枚 クラーク:3枚

生き物をスぺブ出来る生き物たち。「マナリアの知識」により、除去スペルである「マナリアの魔弾」が手に入るので「ウインドブラスト」などの除去を採用する意味が薄れたためこいつらを採用。サモンスノーの採用に合わせてゴーレムの錬成を採用しているためクレイグは二枚。

  • コールチェイン:1枚

自由枠です。「運命の導き」がスタン落ちしてしまったのでドロソを採用。本当に自由なので何でも良いですが、「運命の導き」が使えないためハンドの減る指輪はおススメしません。

 

マリガン、プレイ上の注意

 

マリガンは基本的には従来のドロシーウィッチと変わりありません。ドロシーが引けないと、「連鎖する雷」で削り切る以外のパターンでは勝ち切れないことが多いのでマリガンは甘えないようにしましょう。レヴィがないため進化は基本的に盤面のフォロワーに切った方が強いです。次点は当然マジックオウルです。

 

 

-デッキ
-

© 2021 今日も一日ゲーム日和