【グラブル】新ジョブ『ソルジャー』取得方法や性能、運用方法は?

投稿日:




ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

67人の購読者に加わりましょう

 

 

どうもHAHUです。

今回は、つい最近追加された新ジョブ「ソルジャー」についてです。このジョブは、EXジョブ「ガンスリンガー」の上位互換のEXⅡジョブとなっており、

このジョブはEXジョブ「ガンスリンガー」の上位互換になっており、ガンスリンガーの特徴をそのまま強化した強力なジョブとなっています。
しかしこのジョブは、バレットなど独特なシステムを持っているため使いこなすには知識と慣れが必要なジョブとなっています。

そこで今回は、ソルジャーの基本的な性能や評価、簡単な運用方法などを見ていきたいと思います。

それではさっそく見ていきましょう!

 

ソルジャーの情報まとめ

ソルジャーの取得条件

ソルジャーの条件は、

  • ガンスリンガーのジョブレベル20
  • ネブカドネザルの属性変更
  • 撃手の証×20個/3000JP
  • 称号『グランブルーサバイバー』(フリークエスト『生き抜く意思と力』をクリア)

となっています。他のEXⅡジョブ同様、英雄武器の属性変更がかなりキツく、取得条件と合わせて撃手の証が合計で50個必要となります。

 

基本データ

  • 得意武器:銃
  • タイプ:特殊
  • マスターボーナス:メイン武器が銃の時、メイン武器の攻撃力UP+3%

 

アビリティ

続けてソルジャーのアビリティとなります。

 

上記の画像にあるように、初期に設定されているアビリティは「」だけとなっています。そのためソルジャーはEXジョブでありながらもクラスⅣのジョブのように3つのアビリティを自由にセットすることが出来るようになっています。

そしてソルジャーには、「スリーラウンドバースト」だけでなく、「フルファイア」、「フォーティチュード」、「ゲリーリャ」の三種のリミットアビリティが存在します。まずはこれらのアビリティの性能から見ていきましょう。

 スリーラウンドバースト
1ターンの間、効果中必ずトリプルアタック/ターン経過なしで通常攻撃を実行
◆弾丸を使用使用間隔:4ターン
ソルジャーで固定されている1アビ。1Tの間で二回TAをするため、6発装填の銃でも1Tで弾を使い果たすこととなる。
メイン武器が英雄武器のジョン・ドゥの場合、奥義でリロードをするため使用した次のターンに再びバレットを装填しなおす使い方が基本となるだろう。
 フルファイア
残弾が尽きるまで通常攻撃を行う
◆弾丸を全て使用使用間隔:7ターン
ソルジャーの主力となるアビリティ。
バレットをすべて使い果たすまで通常攻撃を繰り返すため、最大で6回の攻撃を行うことになり破格の威力を誇る。
通常攻撃を行うため、トールやエッセル、ニオなどによる追撃効果も適用されることになるのが最大の魅力。
このアビリティによる圧倒的な瞬間火力はソルジャーの魅力の一つだろう。
注意点としては、シヴァなどの攻撃UP(1回)の効果は6回攻撃のうちの最初の3回にしか乗らない点。
 フォーティチュード
5ターンの間、
・通常攻撃の与ダメージ10%UP効果(天司枠に加算)
・逆境効果(最大20%~最小7%)
・クリティカル確率UP(倍率50%/発動率約70%)使用間隔:8ターン
5ターンの間自身を強化するアビリティ。
上限が伸びたり逆境効果が付与されたりと強力ではあるのだが、フルファイアとブリッツバーストがそれ以上に強力なため使用機会の少ないアビリティ。
 ゲリーリャ
2ターンの間、自分の回避率約50%UP/奥義ゲージ上昇量30%UP/遊撃効果
◆遊撃効果中、回避成功時にターゲットに関わらず4回弱点属性1.5倍ダメージ(1回の上限約25万/合計約100万)使用間隔:5ターン
2ターンの間回避率とゲージ上昇量が上昇し、回避成功時にアビダメを与えるアビリティ。あまり使いどころは無いだろうか。

 

ガンスリンガーで習得できるアビリティ、「ブリッツバースト」もソルジャーでよく使われるため載せておきます。

ブリッツバースト
バレットを全て消費/消費した弾数に応じて奥義ゲージUP/次のターン攻撃大幅UP(1回)

使用間隔:10ターン

ソルジャーの主力となるアビリティその2。ガンスリンガーで習得できるアビリティなので忘れずに取っておくように。
バレットをすべて消費することで奥義ゲージを貯めるアビリティ。
メインとなるのは次のターンの攻撃大幅UP効果で、ブリッツバースト→ジョン・ドゥ奥義でリロード→フルファイアorスリーラウンドバーストという流れで大ダメージをたたき出すのがソルジャーの強い動きの一つとなっている。

 

サポート

サポートアビリティは二つ。
「ウォーサバイバー」は、ソルジャーの大きな特徴であるバレットのシステムについてが記載されている。
また、通常攻撃のダメージ上限が高いこともここで確認できる。

「一人軍隊」は、経過ターンに応じて攻撃力と回避率が上昇するアビリティ。
地味に回避率が上がるのが優秀で、英雄武器「ジョン・ドゥ」の天聖エンブレムの効果やゲリーリャの発動が見込める。

 

ソルジャーの評価

バレットを利用した独特な戦闘スタイル

エンハンスバレットによるダメージ上限の上昇、属性バレットによる全体属性バフ、ヒールバレットによる全体ヒールなど多様な効果を活かした戦闘が出来る。

メイン武器は英雄武器の「ジョン・ドゥ」が基本

フルファイアやブリッツバーストなど、バレットを全て消費して発動するアビリティが多いのがソルジャーの特徴。
本来であればバレットが無くなると、攻撃をする代わりに1Tを消費してリロードを行うことになるのだが、英雄武器のジョン・ドゥでは奥義発動時にリロードをすることが出来るので隙を打ち消すことが出来る。

バレットの維持はソルジャーにとって重要なため、ジョン・ドゥをメイン武器として戦うことが基本となるだろう。

「フルバースト」や「ブリッツバースト」による高い瞬間火力

6回攻撃のフルバーストや、奥義ゲージを貯めてから次ターンに特大ダメージを叩き出すブリッツバーストなど、瞬間火力が圧倒的に高いことが特徴。
通常攻撃が強いことから継続火力も高く、つよバハなどで強力なジョブとなるだろう。

ソルジャーの運用

通常攻撃の強さによる素殴りの強さと、瞬間火力の圧倒的な高さから、つよバハM狙いなどのDPSがが要求されるマルチや短期決戦などで真価を発揮する。

欠点としては、英雄武器のジョン・ドゥの装備が前提となっている点、真価を発揮するために必要なバレットの素材が非常に重たいことであろう。

運用までのハードルが高いジョブではあるが、使っていて楽しく強力なジョブとなっているので是非是非使ってみて欲しい。

ではでは。

 







-ジョブ

Copyright© 今日も一日ゲーム日和 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.